MS005N

高齢化が進み、ますます有用な新薬が求められる今日、製薬・医療の現場では人手による作業ミスや微生物の混入などのリスク、または抗ガン剤などの高薬理活性医薬品を取扱うことによる人体への曝露リスクなどを避けるため、ロボットによる自動化が求められています。
「MS005N」はこれらの期待に応えるために開発されたメディカル用ロボットで、特に高度な除菌環境での使用に適したVHP(過酸化水素ガス)除菌対応の表面が平滑で耐腐食性の高いステンレス製ロボットです。

MS005N ロボット 概要:

最大可搬質量5 kg
最大リーチ660 mm

MS005N

資料ダウンロード


※CADデータをご利用頂く際は、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

1. オールステンレス構造
VHP(H2O2ガス)による滅菌やアルカリ洗浄液に対して恒久的な耐性を有します。
2. FDA適合
ガスケット・シール類もFDA(米国食品医薬品局)適合のものを使用しています。
3. クリーン環境適合
バキューム配管無しでISO Class5(Fed – Class 100)の清浄度を実現します。
4. ツール用ケーブルを内蔵
ツール用のケーブルはロボット先端フランジまで内蔵可能です。そのためケーブルと周辺機器との干渉を気にする必要がありません。
5. 高いサニタリー性
極滑らかな表面状態の上、流れるような滑らかなデザインにより高い洗浄性を実現し、コンタミネーションの発生を排除します。
6. フレキシブルな動作
7つの自由度を有することにより、狭い空間でも周辺機器との干渉回避が容易です。

動作範囲と寸法

下の図面をクリックして、ご覧ください。記載寸法はmm単位です。

  • Kawasaki MS005N drawing

  • Kawasaki MS005N installation drawing

  • Kawasaki MS005N drawing

スペックを見る

MS005N ロボット 仕様

MS005N
型式 垂直多関節
自由度 (軸) 7
最大可搬質量 (kg) 5
最大リーチ (mm) 660
位置繰り返し精度 (mm) ※1 ±0.1
動作範囲 (°) 腕旋回 (JT1) ±180
腕前後 (JT2) +135 - -90
腕上下 (JT3) ±120
手首回転 (JT4) ±180
手首曲げ (JT5) ±115
手首捻り (JT6) ±180
手首捻り (JT7) ±180
最大速度 (°/s) 腕旋回 (JT1) 130
腕前後 (JT2) 130
腕上下 (JT3) 215
手首回転 (JT4) 300
手首曲げ (JT5) 300
手首捻り (JT6) 480
手首捻り (JT7) 215
許容モーメント (N・m) 手首回転 (JT4) 17.0
手首曲げ (JT5) 17.0
手首捻り (JT6) 7.0
許容慣性モーメント (kg・m2) 手首回転 (JT4) 0.90
手首曲げ (JT5) 0.90
手首捻り (JT6) 0.40
本体質量 (kg) 50
設置方法 床置き、天吊り
設置環境 周囲温度 (℃) 0 - 45
相対湿度 (%) 35 - 85 (但し、結露なきこと)
対応コントローラ / 所要電源 (kVA) F60 / 2.0
保護等級 IP69K (コネクタボックス部を除く) 相当
クリーン度 ISO Class5

※1: ISO9283に準拠しています。

お問合せ

  • contact
  • Click here

  • お問合せ