カワサキロボット創業50周年記念サイト公開

2018/06/29

川崎重工のロボット事業は、2018年6月をもちまして創業50周年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援、ご厚情の賜物と心から感謝申し上げます。

日本における産業用ロボットの歴史は、1968年に川崎重工が米国・ユニメーション社との技術提携契約を結び、翌年油圧駆動式ロボット「川崎ユニメート2000型」の国産化に成功したことから始まりました。

創業50周年を記念して、特設サイトを本日開設しました。本サイトでは、精密機械・ロボットカンパニープレジデントの橋本からのご挨拶や、これまでのカワサキロボットの歩みを垣間見ることができる様々な映像をご紹介しております。ぜひご覧ください。

私たちは、これまでお客様との共創によって培ってきた技術や経験を社会に還元し、人とロボットが共生する世界を実現する総合ロボットメーカーを目指して、これからの未来を描くべく挑戦を続けて参ります。