e-News配信

2018/04/01

今回は以下のトピックスでe-Newsをお届け致します。


■「精密機械・ロボットカンパニー」に名称変更

ロボットビジネスセンターが所属する精密機械カンパニーは4月1日、「精密機械・ロボットカンパニー」へと名称変更いたしました。当社のロボット事業はおかげをもちまして近年大きな成長を遂げつつあります。ロボット事業は今年でちょうど50周年を迎え、産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーへさらなる発展と事業拡大を図ってまいります。皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。


なお、4月1日付でロボットビジネスセンター長の橋本康彦(常務執行役員)が精密機械・ロボットカンパニーのカンパニープレジデントに就任しました。また、これに伴い後任のロボットビジネスセンター長には藤田晋二(執行役員)が就任いたします。以前に増しましてお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。


橋本プレジデント
精密機械・ロボットカンパニー
カンパニープレジデント
常務執行役員
橋本康彦
 
藤田ビジネスセンター長
精密機械・ロボットカンパニー
ロボットビジネスセンター長
執行役員
藤田晋二
 

※本件に関する詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。
       

■西神戸工場に半導体用ロボット生産ラインが完成

西神戸工場に新たな半導体用クリーンロボット生産ラインが完成し、去る3月2日に開所式がとり行われました。いままで半導体ロボットは明石工場で生産をしていましたが、新たに西神戸工場の生産ラインを加えた2か所の生産体制とし、生産能力がおよそ3倍に増えます。


当社の半導体ロボットは世界シェア50%を超す重要な事業のひとつです。今後も品質と能力をさらに高めつつ、世界の電子産業界と社会発展に貢献いたします。