2019国際ロボット展

2019/12/18-21


2019年12月18日(水)から12月21日(土) までの4日間、東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展いたします。 「ロボットがつなぐ人に優しい社会」をテーマとした本展示会で当社は、”Simple and friendly”をコンセプトに、多様な自動化ソリューションや人とロボットの協働のあり方をご紹介・ご提案します。ロボット事業50年を超える経験・実績をもとに、総合ロボットメーカーとして進化を続ける当社の先端技術をぜひ会場でご覧ください。


当社ブースは青海展示棟「B-30」にございます。ご来場の際はぜひお立ち寄りくださいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。


■展示会詳細■


日程:2019年12月18日(水)~21日(土) 10:00 -17:00
料金:事前登録者、または16歳以下は無料。(左記以外は登録料1,000円)
会場:東京ビッグサイトー青海ホール、西ホール、南ホール
Kawasakiブース場所:青海ホール B-30

※ご来場頂くにあたり、事前登録が必要となります。こちら(国際ロボット展の専用ページ)からご登録ください。



■展示内容■

ロボットがつなげる一連の工場内物流工程自動化ソリューションゾーン

ロボット事業創業50年を超える総合ロボットメーカーとして、これまでの実績をもとに、工場内物流のモデルケースや物流拠点の自動化ソリューションをご提案します。


先端技術をちりばめた多様な適用のご紹介を通じ、自社へのご活用をイメージしながらご覧頂けます。


【主な展示内容】

● 大型ロボット Bシリーズ

● 中小型ロボット Rシリーズ

● 防爆塗装ロボット Kシリーズ 等 

人とロボットの新しい協働のあり方体験ゾーン

社会で求められるロボットの役割が拡大するにつれ、人との協働の在り方も多様化しています。


このゾーンでは、当社が推進・実現する「共存(同じ空間での作業)」「協調(異空間で同じ作業)」の両方を実際にロボットを操作頂きながらご体験頂けます。


主な展示内容】

● 遠隔協調ロボットシステム Successor(サクセサー)

● 人共存型双腕スカラロボット duAro(デュアロ)

● 教示レスを実現するOLP技術


こちらの関連記事も合わせてご覧ください。


Successor(サクセサー):

・世界初公開、川崎重工の“技能伝承ロボ”の革新技術 —— 「人生100年時代に職人技はロボが伝承する」


duAro:

・双腕スカラロボット「duAro」 人共存型ロボット開発の裏側

・川崎重工の人共存型双腕スカラロボット「duAro」は、女子大生の私でも簡単に使えた!

・duAro2新登場 ― 人と共存するロボット「duAroシリーズ」はどう進化を続けるのか


更なる進化を続けるヒューマノイドロボット”Kaleido”ゾーン

2017年の国際ロボット展で初披露し、懸垂や転倒からの起き上がりなどのパフォーマンスを行ったヒューマノイドロボットのKaleido (カレイド)。


今年は、私たちが暮らす社会でヒューマノイドロボットが活躍する未来はすぐそこまで来ている・・・そう実感頂けるような、更なる進化をとげたパフォーマンスを披露します。


【主な展示内容】

● ヒューマノイドロボット"Kaleido (カレイド)" 

 ・災害対応型

 ・電源内蔵型

 ・油圧駆動型


こちらの関連記事も合わせてご確認ください。


Kaleido (カレイド):

・狙うはロボット業界のiPhone。ロボット歴50年のカワサキが本気



■東京ビッグサイト 西/南展示棟⇔青海展示棟アクセス■


弊社出展ブースは青海展示棟(B-30)です。



■青海展示棟(Kawasakiブース)周辺■



*お問い合わせはこちらまで⇒Kawasaki Robotics Website