フリクションスポット接合

フリクションスポット接合(FSJ)は高速回転を使って摩擦を発生させ、2枚以上のシート材料を数秒間で接合するプロセスです。カワサキFSJロボットシステムは材料を接合するスポット溶接ガンのように操作できるFSJガンを採用しております。
カワサキFSJシステムは軽量合金を接合するスポット溶接と比べて多くの利点があります。第一に、初期投資が小さく一般的な抵抗スポット溶接(RSW)システムの半分で済み、サーボモーターを冷却する水循環システムも不要です。第二に、FSJプロセスはエネルギー効率が高く、必要なエネルギーは抵抗性スポット溶接のわずかで済みます。第三に、FSJプロセスでは、接合材料からのヒュームや材料の散りが生じません。

Kawasaki Robot Friction Spot Joining Applications

フリクションスポット接合システムに適したロボット:

詳細については、下のロボットをクリックしてください。